健康・ダイエット・筋トレに関する情報を発信中。
最強の健康法 医学

最強の健康法 病気にならない最先端科学編 Bookレビュー Vol.6

スポンサーリンク

本日は

最強の健康法 病気にならない最先端科学 編

という本のレビューです。

この本はかなり分厚いです。筆者が執筆するのに、50名の医師・専門家(各分野の名医・専門家)に聞き取りを行っているため、情報はかなり正確です。

世の中に溢れかえった誤った情報に惑わされたくない人は絶対に読むべき本です。

この本を読めば間違いなく最新の情報が手に入ります。

またこの本には”ベストパフォーマンス編”もあり、元気に生きていくための知識が満載です。

2冊読むのには少し時間がかかりますが、目から鱗の情報ばかりなので、読む価値ありです。

・最新の情報を得たい
・健康になりたい
・生涯ずっと健康でいたい
・少しでも長生きできるようなヒントがほしい
<スポンサーリンク>

この本の一番の魅力

それは、

絶対的な信頼性の高さ

です。

この本は医師・専門家50名からの情報を基に執筆されています。

医師・専門家50人のお墨付き

医師・専門家

各分野の第一人者の医師および健康専門家が本書に書かれている事を1つ1つ解説しています。

また、医師による

”セカンドオピニオン”
”サードオピニオン”

まで行い、何重にも正確性をチェックしているのです。

医師が言っている内容を別の医師がチェックし、また別の医師にもチェックしてもらうほど、厳重なチェックを重ねています。

お金稼ぎに走る医師もおり、何を信じたらいいのかが分からなくなっているこの世の中で、”確実な情報が知りたい”という方は安心してください。

この本で全て解決です。

薄毛の驚くべき事実

薄毛に悩む男性

この本は薄毛についても取り上げています。

薄毛の仕組みや薄毛対策、最新の植毛手術についても書いてあります。

私自身将来の薄毛に不安を抱く1人。とても勉強になりました。笑

この薄毛のところで驚いたことが、

薄毛は、髪の毛が「目に見えなくなっている」だけであって、なくなっているわけではない

というところ。

毛髪の総本数は生涯変わらなそうです。

え?私のお爺ちゃんは波平さん状態ですよ?

と思ったのですが、そんな人でも目に見えないだけであって産毛の状態で生えているのです。驚き!

不妊症の原因は男性にあり?

妊婦

不妊症に悩んでいる女性の方も多いかと思いますが、なんとその原因の

4割は男性にある

と言われているのです。

女性は20~34歳が妊娠に一番適しており、35歳を境に流産の確立が著しく上がると言われています。

そして、男性も40歳を超えると精子の力が衰え、受精率が下がると言われているのです。

不妊の原因に男性の精子の衰えがあるだなんて…

なんとなくイメージは付きやすいですが、男性側としては受け入れがたいですよね。

最近ではニュースでも取り上げられていました。気になる方はこちろをどうぞ。
⇒⇒不妊症の原因は男性にある?勇気を持って夫婦で病院に行こう!

糖尿病・高血圧を予防する

高血圧

健康寿命を延ばすためには、血液と血管の健康が大事だと言われています。

そのためにどのような食事を心がけるべきなのか。皆さんとても気になると思います。

以前、血管の壁を強くするためにはビタミンCが大事という記事を書きました。
⇒⇒ビタミンCを徹底解剖!免疫力アップで病気から体を守ろう!

やはりこの本でもビタミンCの重要性に触れていました。

あとはやはり糖質の量を控える。これも大事です。
⇒⇒【世界最新】ダイエットの新常識とは?カロリー論はもう古い?
⇒⇒糖質制限ダイエットは死亡リスクが上がり危険が多い?糖質制限のメリット・デメリットとは

結論:最新の情報が手に入る

こちらに取り上げたこと意外にも病気のことを主にこの本では取り上げられています。

そしてどの内容もその分野の第一人者の医師や専門家が関わっているので、信頼性が高い。

世間一般的にはこう言われているけど、実はこうですよ!

という豆知識もあります。

この一冊を読めばより健康になること間違いなしです。

ぜひ興味がある方は読んでみてください!

 

<スポンサーリンク>
最強の健康法 医学
最新情報をチェックしよう!

健康に人生を送るための情報を発信する「shi-yanブログ」

皆様が健康に人生を送るために、正しいダイエット・筋トレが出来るように、的確な情報発信を心がけております。あなたの人生をより豊かにするために、少しでもお力添えできれば光栄です!何かご不明点があればご質問ください! また、当サイトのデザインはTHE THOR(ザ・トール)を使用しておりいます。興味がありましたら、下記からダウンロードできます。