健康・ダイエット・筋トレに関する情報を発信中。
うがい薬に風邪予防効果なし

風邪予防にうがい薬は効果なし?ビタミンCに風邪予防効果があるも嘘だった?

  • 2020年4月2日
  • 2020年4月2日
  • 健康
スポンサーリンク

皆さん風邪の予防で何か対策は行っていますでしょうか?

よく聞くのは、うがい・手洗い・マスク・ビタミンCを摂るなどでしょうか。

果たしてこれらにちゃんとした予防効果は認められるのでしょうか?

研究結果を交えながら解説していきたいと思います!

 

・風邪を引きたくない
・これらの予防をやっている!
・どれが本当に効果があるのか知りたい
しーやん
ビタミンCを摂るといいって聞くけど実際どうなんだろう?

 

スポンサーリンク

風邪予防に効果があるものは?

まずは結論から…

本当に効果のある予防法は…

・手洗い
・水でのうがい
・(マスク、ビタミンC)

です。

マスクとビタミンCは括弧にしています。その説明も後ほど…

 

手洗い

手洗い

風邪予防としてまず一番最初に浮かぶのが手洗いではないでしょうか?

あらゆる感染症の原因となるウイルスや菌は「手」を介して体内に侵入してきます。

目を触ったり、唇を触ったり、鼻を触ったり、よくやってしまう行動から菌が体内に侵入してくるのです。

風邪予防で手洗いをしよう!とよく聞きますが、その効果はどのくらいあるのでしょうか?

 

手洗いの風邪予防の効果

結論から言うと…

手洗いに風邪予防効果あり

です。

ですよね!という感じだとは思いますが…

具体的には、石鹸を使用した手洗いには風邪のリスクを約46%減少させることが分かっています。

手洗いをしている人としていない人では約2倍の差が生まれることになります。

 

また、ある研究では、風邪など呼吸器系疾患のリスクが約21%減るとも言われています。

両者にはリスク減少には差がありますが、”風邪”か”呼吸器疾患”で対象の疾患が少し違うので、その影響かと思われます。

 

ハンドジェルはどうなの?

よく手ピカジェル等で有名なハンドジェル。

こちらの効果はどうなのでしょうか?

結論から言うと…

効果があるともないとも言えない

です。

 

手ピカジェルのサイトを見て頂くと、確かに効果があったという研究結果が載っています。

しかし、1つの研究結果を鵜呑みにし、効果があった!と断言するのはとてもナンセンス

 

他にもハンドジェルの研究を見てみると、

✔胃腸系の感染予防には効果があったが、気道感染予防には効果がなかった
✔風邪予防効果がなかった

とする研究も多数存在し、ハンドジェルのエタノール度数等の違いによって結果は様々。

決して「効果がある!」と断言できるものではなさそうです…

 

うがい

うがいする女性

うがいは手洗いとセットで言われることが多いですね。

うがいは口の中に入ってしまった菌やウイルスを洗浄するために行います。

ではこのうがいに風邪予防の効果はあるのでしょうか?

 

うがいの風邪予防の効果

結論から言うと、

水うがいには風邪予防の効果あり

です。

数値で表すなら約36%予防効果があると言われています。

 

この時効果が認められたのは、15秒×3回を1日最低3回行うというもの。

んーなかなか多くないですか?

15秒1回だけ!1日1回だけ!

ではしっかりとした効果を得ることが出来ませんので注意しましょう。

 

うがい薬でうがいはダメ?

うがい薬(イソジン等のヨード系)でも同様の研究をした際には、風邪予防の効果はありませんでした

理由としては、口の中にいる常在菌(良い菌)まで殺菌してしまうため、感染に弱くなったのではないかと言われています。

傷口に塗る消毒液も最近は推奨されていませんが、これも同じ理由です。

殺菌能力が強すぎて、本来体を守ってくれる菌まで殺してしまうんです。

 

インフルエンザ予防はある?

実は、

うがいのインフル予防効果は不明

です。

これは厚生労働省が推奨するインフル予防に”うがい”という言葉が存在しないことからも伺えます。

風邪予防効果はあってもインフル予防効果には科学的根拠がありません

 

マスク

マスクをする子供

現在品薄状態が続いているマスク。

よくマスクは意味ない!という記事を見ますが、一体どのような効果がマスクにはあるのでしょうか?

 

マスクの種類

簡単に分類するのであれば、

1.家庭用マスク
2.医療用マスク
3.産業用マスク

があります。

そして、海外ではマスク着用の文化がなく、マスク着用=医療人と認知されているそうです。

そのため、海外のマスクが有効かどうかの研究では、大抵の場合、2番の医療用マスクを通常のマスクとして研究しております。

それを理解した上で、どのマスクにはどのような効果があるのか見ていきましょう。

 

マスクの風邪予防の効果

結論から言うと、

医療用・産業用マスクには予防効果あり

です。

この2つに関しては、風邪はもちろんのこと、インフルエンザの予防効果もあります

ただ産業用マスクは形もいびつなので、一般の方がつけるということは基本的にないでしょう…

 

家庭用マスクに風邪予防効果なし?

基本的には風邪予防の効果はないと考えましょう

家庭用マスクを着用し、風邪やインフルエンザのリスクが下がったという研究はありません。

しかし、マスクをしている人が咳をする場合、他の人にうつす確率を下げることはできます。

また、ウイルスが水分や埃に付着し、浮遊することはありますので、咳やくしゃみをする人が近くにいる場合は予防効果があるのではないかと言われています。

なので、してないよりはしている方がいいかもね…程度だと思っていいでしょう。

 

マスクは逆にリスクを上げる?

なんとマスク着用が逆に風邪のリスクを高めると言われているのです。

それは、マスクを何度も着脱する場合です。

マスクにウイルスが付着していた場合、それを再度口の目の前に持っていく行為はとても危険です。

また、ウイルスがついた手でマスクの内側やひもを触り、再度マスクをすることでよりリスクを高めるのではないかと指摘されているのです。

 

ビタミンC

ビタミンC

よく風邪を引いた時にはビタミンCがいいと聞いたことはありませんか?

ビタミンCの効果の1つに免疫力アップがあります。

そのせいか、ビタミンCを摂ることで風邪のリスクを下げたり、風邪になった際に摂るとすぐに回復するというイメージがあるようです。

実際のところはどうなのでしょうか?

 

ビタミンCの風邪予防の効果

結論から言うと、

一般人には風邪予防の効果なし

です。

この一般人にというのは、運動を激しくしていない人という意味です。

 

身体を酷使している場合は効果あり

マラソンランナーや軍人など、日頃から体を酷使する人達がビタミンCを摂取した際には、風邪予防の効果があるというのです。

筋トレなどでも同様ですが、日頃から強度の高いトレーニングをしている方には効果があるでしょう。

しかし、軽度~中程度の運動しかしていない人には効果が認められなかったので注意しましょう。

 

ビタミンCを摂ると軽傷で済む?

先ほど風邪予防の効果はないと言いました。

しかし、日頃からビタミンCを摂っていると

風邪になった際、軽傷で済む
風邪の期間が短くなる

のです。

それだけでもビタミンCを日頃を意識する価値はありそうですね!

ビタミンCについてはこちらの記事でまとめています。

【関連記事】ビタミンCが多く含まれる食べ物とは?ビタミンCの効果を徹底解説!

 

余談:筋トレって風邪予防効果ある?

以前、このようなツイートをしました。

 

 

この新型コロナが大流行しているご時世で、筋トレは免疫力上げる!最強!無敵!と叫んでいる方がいたので、このようなツイートをしました。

ある研究で

中程度の運動を日頃からしている人は風邪のリスクが下がる

ということは分かっています。

なので、風邪予防を目的とした中程度の運動や筋トレは良いでしょう。

 

ただし、これを鵜呑みにし、じゃあ筋トレ最強じゃん。と思いこんでしまうのは危険です。

そもそもこれらの研究の質がいまいち微妙という点。

また、

1.新型コロナに関してはそれが良いかは分からない
2.筋トレ直後は免疫力が下がる

から危険なのです。

これらのリスクをしっかり把握した上で、筋トレ推しの方々は発信していきましょう。

 

結論:手洗い・水うがいが効果的!

とりあえず少しでもリスクを下げたいのであれば、

1.手洗い
2.水うがい
3.マスク(何度も着脱を繰り返さない)
4.日頃からビタミンC摂取
5.適度な運動

がいいでしょう。

ただ、水うがいもある程度の時間と回数が必要ですし、マスクも使用方法を間違えるとが逆に危険かもしれません。

そのあたりをしっかりと理解した上で、予防をしっかりと行っていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク
うがい薬に風邪予防効果なし
最新情報をチェックしよう!

健康に人生を送るための情報を発信する「アスコンラボ」

運動をされる方々が健康に人生を送れるために、ダイエット・筋トレ・栄養等の的確な情報発信を心がけております。あなたの人生をより豊かにするために、少しでもお力添えできれば光栄です!何かご不明点があればご質問ください! また、当サイトのデザインはTHE THOR(ザ・トール)を使用しておりいます。興味がありましたら、下記からダウンロードできます。