健康・ダイエット・筋トレに関する情報を発信中。

本当に部分痩せは不可能なのか?理論的に部分痩せは可能なのか解説してみた

スポンサーリンク

よくTwitterやYouTubeで、

脚痩せトレーニング〇選!
お腹痩せ!腹筋トレーニング〇選!

など見たことがありませんか?

 

確かに、痩せたい部位を集中的に鍛えたら痩せられそうな気がしますよね…

 

ただ、

部分痩せなんてできないよ!

と言っている方もいるのが事実です。

 

実際部分痩せは可能なのか?理論的に解説していきますね!

 

・痩せたい
・部分痩せが可能なのか知りたい
・脚痩せの為に脚のトレーニングをしている
アスレティックトレーナー、日本トレーニング指導者、鍼灸師等の多資格を駆使し、代表選手が所属するチームのトレーナーをしている健康のスペシャリストが論文&実体験を交えて執筆しております。
しーやん
じゃあたくさん歩く人は脚の脂肪が少ないの?

 

 

<スポンサーリンク>

部分痩せは不可能なのか?

不可能

まずはいきなり結論ですが、

 

部分痩せは理論的には可能

 

です。

 

しかし、これをできるのは「アスリートのみ」だと思ってください。

 

一般の方々が実際に部分痩せしようと思うと、とてつもない時間がかかります。

アスリートのように毎日右腕を競技で使ってます!みたいな人は右腕だけ体脂肪が少なくなるのはありえます。

 

より理論的に説明していきます!

 

 

部分痩せは理論的には可能

部分痩せ

確かに脂肪燃焼する為には、血流量が多くないと脂肪は燃焼されませんし、動かなさないところには脂肪がつきやすいです。

 

なので、お腹の脂肪を落としたい時、腹筋運動により血流量を増やすという行為は一見、理にかなっているようにも思えます。

しかし、それはあくまで燃えやすい環境を整えただけであって、実際にお腹の脂肪が燃焼するかは全くの別物です。

 

 

実際に部分痩せに関する研究はされています。
(参考研究:https://journals.physiology.org/doi/full/10.1152/ajpendo.00215.2006)

 

この研究によると、確かに

☑部分的に運動した箇所は脂肪の分解が活発だった

と報告されています。

 

しかし、燃焼した脂肪量に着目してください。

 

30分の運動で約0.1gの脂肪燃焼

しか見られなかったのです。

 

”0.1kg”じゃないですよ?”0.1g”です。。

 

要は、毎日30分腹筋運動して、お腹周りの脂肪を1kg落とそうとすると、

約25年

かかる計算になります。

 

 

アスリートならあり得る

要はアスリートのように毎日特定の部位を酷使している人になら部分やせはありえます。

 

例えば、マラソンランナーの下肢の脂肪が少ない。

とか、

テニス選手は、利き手の脂肪が少ない

とか。

 

実際にテニス選手の利き手は非利き手に比べて、脂肪量が少なかったとする報告もあります。

 

 

部分痩せは実現不可能

落ち込む女性

「部分痩せは実現不可能」

という回答は、皆さんが期待していた答えではないかもしれませんね。

 

脂肪細胞の分解を促すよう指令を出すのはアドレナリンというホルモンですが、これは血液によって全身の脂肪細胞に運ばれるため、どこか特定の部位に!というわけにはいかないのです。

 

さらに脂肪がつきやすい部位、つきにくい部位は個人差があります。

 

その為、太る時にすぐお腹に脂肪がつく人もいれば、顎周りに脂肪がつきやすい人もいます。

そして痩せる時はその逆で、その部位が一番最後に脂肪が残りやすいです。

 

 

体重を落とすことが本当に重要?

疑問

皆さんがダイエットする目的って何ですか?

 

・見た目を細くしたい?
・着たい服を着たい?

実はこの2つ、どちらも体重ってそこまで重要じゃないんですよね。

 

筋肉は脂肪よりも重いので、見た目が細くても筋肉量が多ければ重いですし、見た目が太くても脂肪量が多ければそこまで体重が重くない。

なんてこともあります。

 

要は何が良いたいかというと、

腹筋運動で腹筋の見た目は変えられる

ということです。

腹筋はあくまで一例ですが。

 

 

部分痩せはできなくても引き締めることは可能

そうです。

たとえ部分痩せができなくても、特定の部位を引き締めることはできるのです。

 

皆さんが部分痩せに期待していたことは、

・腹筋がたるんでいるから、お腹だけ脂肪を落としたい!
・お尻がたるんでいるから、お尻だけ脂肪を落としたい!

とかですよね?

 

それって脂肪を落とす必要はなくて、トレーニングによって引き締めればいいのです。

 

本当に体重を落とす必要があるのか?については過去の記事でまとめてます。
≫≫ダイエットで不健康になる?間違ったダイエットは寿命を縮める可能性がある

 

 

結論:部分痩せは実現不可能!

繰り返しになりますが、部分痩せは理論的には可能ですが、実現はほぼ不可能です。

なので、脂肪を落としたければ地道にダイエットをコツコツ頑張りましょう。

 

よくYouTubeなどで「脚痩せトレーニング!」などがありますが、あれは嘘です。

ただ、「脚を引き締めるトレーニング!」ということであれば正解かもしれませんね。

 

部分痩せは出来ませんが、部分的に引き締め、細く見せることは可能です。

 

ぜひ皆さんも、本当に体重を落としたいのか。本当に体脂肪を減らしたいのか。自問自答してみてください。

もし仮に見た目の問題なのであれば、引き締めてあげればいいのです。

 

それでも

「私は体重を落としたい!体脂肪を減らしたい!」

という方。

低炭水化物や低脂質ダイエットはデメリットが多いのでやめましょう。

 

私がオススメするのは、

・間欠的ファスティング
・地中海食ダイエット

です。

 

詳しくは以下の記事を読んでみてください!

≫≫間欠的ファスティングで簡単にダイエットができる理由4選!筋肉は落ちる?

≫≫地中海食とは?健康とダイエットに最適な5つの理由!

<スポンサーリンク>
最新情報をチェックしよう!

健康に人生を送るための情報を発信する「shi-yanブログ」

皆様が健康に人生を送るために、正しいダイエット・筋トレが出来るように、的確な情報発信を心がけております。あなたの人生をより豊かにするために、少しでもお力添えできれば光栄です!何かご不明点があればご質問ください! また、当サイトのデザインはTHE THOR(ザ・トール)を使用しておりいます。興味がありましたら、下記からダウンロードできます。